自宅で空いた時間にできるタオルを使ってダフリを直す練習方法

image
スポンサードリンク

あなたのダフリを直すために、

今回はタオルを使ってダフリのスイングを直す方法を紹介します。

 

まずは、タオルを伸ばしてアドレスしましょう。

そうすることで、アドレスで両腕が伸びた状態になります。

そして、この時に自然と左脇が締まっていることが分かると思います。

image

スイング中にタオルが縮まないようにすることにより、両腕にハリを持たせてスイングすることができます。

 

両腕にハリがあることにより、スイング弧が自然と大きくなります。

srgwg3444

インパクトでは両手の間隔が縮まらないようにしましょう。

 

 

インパクトで両手の間隔が縮まると左ひじが引けてしまいます。

edg444444

上の写真のようにインパクトで両手の間隔が縮まると左ひじが引けてしまいダフリます。

 

両手の間隔が縮まらないようにスイングすることにより左ひじが引けずに正しい腕の動きを掴むことが出来ます。

 

このように自宅でタオルを使って簡単にダフリを直す練習ができます。

 

スイング中に左右のどちらかの腕が縮こまっていませんか?

 

どちらかの腕が縮こまってしまったらダフリのスイングになってしまいます。

imageimage

上の写真のようにタオルを縦に持ち構えたらフィニッシュまでタオルが縮まらないようにスイングしてみましょう。

 

両手の間隔が縮まらないようにスイングするとタオルは縮まりません。

 

この練習を行うことにより、腕が体に同調してスイングできるようになります。

 

タオルを使って両腕の間隔を保ってスイングすることを覚えるとぼーるとの距離感をスイング中常に一定に保つことが出来ます。

 

そして、ダフリが直ることに加えて、今まで手打ちスイングをしていた場合も解消することができるのでおすすめです。

 

腕と体を同調させるタオルを使っての練習でダフリを直しましょう。

ダフっている場合はタオルを使ってスイングすると両腕の間隔が縮まってしまいますのですぐにわかると思います。

 

このように簡単な練習ですが効果がありますので自宅で空いた時間にぜひ試してみてほしいと思います。

 

 

repoto
スポンサードリンク