実践結果!世界標準の骨を使った直線運動上達法!!ゴルフ上達法革命とは !!

8948
スポンサードリンク
15r

【世界標準の骨を使った直線運動上達法!!ゴルフ上達法革命とは !!】公式HP

どうも、ゴルフ侍トシです。

今回は、僕がゴルフを始めて3ケ月ほど経過した時に購入した教材の【世界標準の骨を使った直線運動上達法!!ゴルフ上達法革命とは !!】を実践してきた経緯と感想と変化などお伝えしていこうと思います。

 

僕はゴルフを始めて、ゴルフの魅力に没頭して色々なゴルフ理論を学び研究して実践してきました。

 

そして、日本人のスイング理論と欧米人のスイング理論には違いがあるということを知りました。

日本のレッスンでは、下半身主導でボディーターンのスイング理論が主流となっているのですが、ある時スイング研究をしながら試行錯誤している時にこの欧米式スイング理論というものに出会いました。

 

日本選手のスイングよりもタイガーウッズやマキロイやファウラーやダスティンジョンソンなど、海外の選手のスイングに憧れを持ち始めたのもこのころでした。

中でも僕が最もお気に入りのリッキーファウラーという選手がいるのですが、彼のスイングに憧れていました。

 

こんなスイングがしたいと思っていました。そこで、僕は日本式と欧米式のスイング理論の違いに踏み込んで研究してみたいと思うようになりました。

 

色々と研究していくと日本のレッスンとの違いが出てきました。

そして、学んだことを練習で実践する事を繰り返していました。

 

でも、頭では分かっていてもうまくいかないことばかりでした。
そして悩んでいたところに「世界標準の骨を使った直線運動上達法!!ゴルフ上達法革命とは !!」という教材に出会いました。

 

販売ページを見て、僕は凄く興味をそそられました。
たくさんの日本人と欧米人のスイング中の動きの違いが記されていました。
明らかに日本のプロと欧米のプロとではスイングに違いがあります。
欧米のプロのスイングは下半身を静かに使っているプロが多いのに対して、日本のプロは言い方悪いかもしれませんが、動きが暴れているように僕には思えてなりませんでした。

 

なので、これはどういう違いなのか?

スイング中の動きでプロでもこのように動きに違いが出るのはなぜなのか?

凄く興味があって、それから販売ページを閉じた後もずーっとこれが頭に残っていました。

 

練習に行ってもずーっと頭の中に欧米のスイングと日本のスイングの違いが離れませんでした。

思い切って購入してみました!

そして、気になって仕方なかったので「世界標準の骨を使った直線運動上達法!!ゴルフ上達法革命とは !!」を購入しました。
僕はこの教材を購入して、今思うことは
ゴルフスイングという動きを理論的に深く知ることができたこと。
そして、欧米式のスイングを自分でようやく掴むことができたこと。
人のスイングを見れば、日本式なのか?欧米式なのかが見分けることができるようになったこと。

 

これらのことがこの「世界標準の骨を使った直線運動上達法!!ゴルフ上達法革命とは !!」を購入して実践してきたことにより分かりました。

 

日本式と欧米式の決定的な違いはダウンスイングからの動きになります。

僕は、ゴルフスイングは腰を回転させるものだと思って練習していました。

 

ゴルフを始めて間もないころは、そういった意識で練習していました。

レッスン動画や雑誌などでもよく「腰の回転が大事」「ダウンスイングからの切り返しは腰から」など解説されていることが多いので、一生懸命に腰を回すことが正しいものだと思っていました。

 

でも、ダウンスイングから腰を先行して回すという考え方でスイングすると僕の場合はどうしても振り遅れてしまいます。

 

そして、ドライバーではスライスが出続けていましたし、アイアンでは振り遅れからのダフリがとても多かったのです。

 

今となっては自分の当時のスイングの悪い部分がなんだったのかがよく理解できているのですが、当時の僕は自分に合わない間違った練習ばかりしていたと振り返ってみると思います。
ダウンスイングで腰を回転するという意識に加えて、さらに左足の踏み込みなども意識していました。
自分では動画や雑誌で言われたようにやっていたのですが、全く逆効果でした。
左足を踏み込むというのはよく言われていることで、レッスンでもよくあることですが、実は踏み込むタイミングが早ければ、左へ体が流れてしまう(スエー)状態になることなど気づいていませんでした。

 

左へ体が流れてスエーしてしまうので、当然軸が左へ移動します。
頭の位置が左へ突っ込んでいきます。
これでは、振り遅れて手首をこねてインパクトしてしまうという動きが入ってしまうので、スライスやダフリが出て当然なんですね。

今思うと、間違ったことばかりしてきたな~。という感じです。

話がちょっと逸れてしまいましたが、「世界標準の骨を使った直線運動上達法!!ゴルフ上達法革命とは !!」という教材は非常に奥が深いと僕は思います。

この教材で言われているように実践してきました。
それまで、欧米式スイングを身につけることができたら、スライスとかダフリとかそういったものは消えるだろうと思っていました。

 

そして、教材に書かれていることを練習していました。
結果は、途中で諦めてしまいました。

 

「オレには無理なのかな・・・」

それは「僕にはうまくいかないのでは?」「むずかしいな~」というのが実践して思ったことでした。

結局、それからこの教材で言われていることを、途中であきらめて、練習していたことも頭から切り離して考えようと思っていました。
何を頼って練習したらいいのか?という思いはありましたが、とりあえず練習だけは楽しかったので継続していました。
そんな中あるとき練習中に、気づきが生まれました。
「このまま、腰回してても振り遅れるだけだし、もう腰回すこと辞めてみよう」と
極端に腰を回さないでおこうと思ってみたのです。

 

そして、打ってみるとなぜか振り遅れが治ったかのように思えました。

 

もしかして、この感覚では!?

あれ?っと思ってそのまま打っていると、「もしかしてこういうことか?」という気がしてきて、「世界標準の骨を使った直線運動上達法!!ゴルフ上達法革命とは !!」で言われていることってこういうことなんじゃないか?ということに気づかされました。

 

早速、スマホにダウンロードしている教材のPDFを開いて書かれていることをもう一度読み直していきました。
すると、著者の柳原さんが言われていることと、僕が感覚で気づいた事を照らし合わせてよくよく考えてみると同じような感じになる。ということに気づきました。

 

そこで、「腰を回さないというのはこういう感覚なんだ」という事がようやく分かったのです。

腰を回す意識を持ってダウンスイングをしているうちは、上手くなれないということを僕は深く理解できました。

 

教材で言われていることを自分が実践しているつもりでも、その感覚がずれていてはうまくいかないということを知りました。

今はこの教材で言われていることが、読んでいると納得できることばかりですし、すごく理解できるのですが、購入当時の頃は理解できていませんでした。

 

今はこの教材を購入して良かったと思います。

ゴルフスイングに対する知識が付いた事もそうですが、
人にスイングを教える時に、その人のスイングを見て、どこが悪いのかが分かりますし、その原因を解決するためにどうしたらいいのかも分かるようになったからです。

 

後は、僕がスイングの研究をするのが好きというのもありますが、

後から読み返してみると、「その感覚大事だな~」とか「分かるな~」という教材に書かれていることと共感できる部分がたくさんあるので、自分が成長できたことに喜びを感じます。

 

この「世界標準の骨を使った直線運動上達法!!ゴルフ上達法革命とは !!」という教材は、ゴルフ初心者の方にとっては難しく感じる部分はたくさんあると思います。

ゴルフをある程度してきて、ゴルフスイングをそれなりに研究して実践してきた人にとっては、この教材は面白いと感じると思います。

 

そして、今までいろいろとレッスンを行ってきてもなかなか上達できてない人にとっては、新しい気づきが生まれると思います。

別に僕は日本式のスイングが悪いとか、欧米式が良いとかそういう感じはありません。

人それぞれスコアもそうですし、自分が満足できるレベルはあると思いますので、それはそれでいいと思います。
個人的にゴルフが楽しめていたらいいのではないかと思います。
なので、このゴルフ教材をおすすめできる人は、ゴルフの研究に対して熱心な人は良いと思います。

後は、書かれていることが日本のレッスンとは異なりますので、そういった面でも興味がある人とかですね。

そして、やはり欧米人のようなスイングをしたいという願望がある方は購入してみてください。
「腰を回す感覚って必要ないね」と思われると思います。
後は、このブログではダフリに特化して記事を書いていますが、ダフリを直すという点で見てもこの教材はおすすめです。

それは、ダウンスイングで肩の開きを抑えることができるようになりますので、タメが自然と作れるようになり結果的にダフらなくなるからです。
色々試してダフリが治らないという方はスイングの考え方を変えるという点からしてもこの教材を購入してみるといいでしょう。
僕の個人的な意見としてこの教材は良いし、ためになると思うのですが、ゴルフにそんなにのめり込む気はないな~。という場合はスルーしてください。

suraisu11

この教材のメリット

■欧米人のようなかっこいいスイングができる

■タメが作れるようになるのでダフらなくなる

■飛距離が伸びる

■ゴルフ好きにとってはバイブルと言える教材になる

 

この教材のデメリット

■ゴルフ初心者には向かない

■ゴルフに対して熱が低い人には向かない

■文章と絵での解説になるので、読み物が嫌いな人には向かない

 

特典付き【世界標準の骨を使った直線運動上達法!!ゴルフ上達法革命とは !!】公式HP

特典内容はこちら

 

 

 

repoto
スポンサードリンク