スポンサードリンク

 

ergye4y544

今回は食材のバナナを使ったダフリを直すための簡単な練習方法を紹介します。

 

「バナナは食べるものだろう!」という声が聞こえてきそうですが、バナナを使って自宅でダフリを直す練習ができるので練習した後はきっちりバナナ食べちゃってください^^

 

ダウンスイングで手首の角度がキープできない人の多くはタメができないため、ダフリやすいです。

 

アドレスでできた手首の角度をキープする感覚を掴めるのがこのバナナを使った練習方法になります。

 

では、内容に入っていきましょう。

 

バナナを手にします。

 

アドレスの時点で上に反ったバナナを握ってみましょう。

 

上に反ったバナナを握った感覚のままバックスイングしてダウンスイングしてみましょう。

 

このバナナが上に反っているため自然に手首に角度が生まれます

ery53y54y44

これがダウンスイングでタメを作るために必要な感覚です。

 

では、逆にバナナが下に反っていたらどうでしょう?

 

このようにバナナが下に反っている状態でグリップしたらスイング中に手首の角度がほどけてしまうためダフリます。

ery35y44

あなたは下に反ったバナナを握るグリップになっていませんか?

 

ダフリが出るとどうしても「クラブヘッドをボールにうまく当てたい」という願望が働きます。

 

でも、これがいけない。

 

クラブヘッドをボールに当てにいくスイングをすると手首の角度がほどけます。

 

そのため、ダウンスイングの早い段階で手首の角度がほどけてタメができません。

 

つまりアーリーリリースになるわけです。

※アーリーリリース・・・ダウンスイングで手首のコックがほどけてタメができないこと

 

こうなってしまったらダフリます。

ですので、バナナを上に反った状態でグリップしてダウンスイングで右手が上、左手が下という感覚を掴んでください。

こうすることによりタメをキープしてダウンスイングする感覚を掴むことが出来るようになります。

ダフリの原因は右手が悪さをするグリップになっているでもお伝えしましたが、ダフリを直すためにはグリップの感覚も大事です。

 

「バナナなんて使うの面倒だよ」なんて思わずに、試してみるといいですよ^^

あなたがダフっている原因がアーリーリリースにある場合、このバナナを使った練習を行うことにより「お!何か違うぞ!」と気づきが生まれる可能性がありますよ^^

 

では、次回はタオルを使ってダフリを直す方法を紹介します。

 

今回も最後まで読んでいただきありがとうございます。

「どうしてもダフリが治らない。。。」

あなたがダフリを今すぐに直したいというのであれば、

僕がメルマガ限定でその方法を教えています。

もちろん無料です。

↓↓↓

いますぐにダフリを治しにいく

メルマガではブログに書いてない濃いゴルフノウハウを配信しています(^_^)

ぜひ、登録してみてくださいね。

repoto
スポンサードリンク