スポンサードリンク

どうも、ゴルフ侍トシです。

ダフリを克服するために、重要な事をお伝えしたいと思います。

実際に僕がラウンドで試しに行ってきたことでもあります。

もちろん練習場でも効果があるので、ラウンドでも練習場でもどっちでもやってみる価値はあります。

 

それは、【右手を離してインパクト】です。

「は?」

「右手離してとか無理でしょ?」

「そんなことしたらミスするでしょ?」

あなたはこう思うかもしれませんが、詳しく説明しますね。

ダフる人はダウンスイングで右手に力が入る

ダフるということは、ダウンスイングで左手よりも右手のグリッププレッシャー(グリップを握る力)が強くなっていることが1つの原因です。

どうしてダウンスイングで右手に力を入れるとダフるのか?

 

それは、右手に力を入れることにより、コックがほどけやすくなります。(右打ちの場合)

トップから左手首のコックを保ったままダウンスイングしようとしても、右手のグリッププレッシャーが左手のグリッププレッシャーより強くなってしまうと、左手首のコックが右手の力に負けてほどけてしまいます。

ダフる原因として、ダウンスイングの早い段階でコックがほどけてタメがなくなるというのは、このブログを読んでいただいている方は何度もお伝えしてきましたので、重々理解されていると思います。

ほとんどの方が右利きです。

そして、右打ちです。

 

右手のほうが左手よりも器用であり、また力も強い。

ダフリが直らないとか、アウトサイドイン軌道が直らない人というのはダウンスイングで、まず腕を使ってクラブを下してきているというのもありますが、同時に右手に力を入れて下してきています。

 

右手に力を入れるとゴルフスイングが難しくなる

僕もゴルフを始めた当初ダフっていたときは、腕を使ってクラブを下してきていたのと、右手に力が入っていたというのがダフっていた原因の1つだと言えます。

いくらトップの形のままコックを保ってダウンスイングしようとしても、ダウンスイングで右手の方が左手よりもギュっとグリップを強く握ってしまったらその瞬間にタメはほどけます。

 

そして、ボールの手前をザックリいってしまいます。

もしくはそれを嫌がって伸び上がったりしてトップボールが出るわけです。

あなたがダフリが直らないという場合、ダウンスイングで右手のグリップをギュっと握ってしまっていないか確認してみてください。

 

そして、このダウンスイングで右手のグリップをギュっと握ってしまうというのが癖になってしまっている人もいます。

もう意識して右手に力を入れないようにしても、自然に右手に力が入ってしまうという人もいます。

このように意識してもダメな人は最初は極端にやっちゃってください。

 

というのも、極端にやるということで、こんな方に僕がおすすめするのは【インパクトで右手を離す】

つまりフォローからフィニッシュにかけて左手一本でスイングするということです。

 

「なに言ってんの?」

「両手でミスするのに片手にするなんて無茶でしょ?」

とあなたは思うかもしれませんが、やってみると気づかれると思います。

意外と普通に打てるし、またダフリにくくなるということが。

 

よく松山英樹選手がフィニッシュで右手を離しているシーンがありますよね。

あれなんかは、「右手で打ちに行ってない」ということが言えます。

 

右手で打ちに行って、右手に力を入れてダウンスイングするとフィニッシュで左手一本(右手を離す)なんてことはできません。

 

そして、今回あえてダウンスイングで右手に力が入るという場合は、極端にするためにインパクトで右手を離すぐらいのつもりでスイングしてみてください。

 

これを繰り返して行っているとダウンスイングで右手に力を入れなくなります。

意識していてもできなかったことが、このように極端に右手を離すということをやっていると右手は悪さをしなくなってきます。

意外と狙い通りにボールは飛んでくれる

結果的に、右手を離してもボールはまっすぐ飛んでくれます。

試しにずーっとラウンド中にインパクトで右手を離して左手一本フィニッシュで回ってみるのもいいでしょう。

 

ダフってばかりいる場合は、この方がダフリにくくなるのでスコアが自然とよくなる人もいます。

強制的に右手に力を入れることができませんし、右手がスイング中に悪さをしないように制御することができるわけです。

 

そして、右手を離したからと言っても飛距離はさほど落ちません。

 

この練習が良い点として、もう一つは左腕リードでダウンスイングする感覚をつかめるというこことです。

今まで右腕ばかりを強く使っていた人にとっては新しい感覚が生まれることでしょう。

ダウンスイングで右手に力を入れても良いことはありません。

スイングを難しくするだけでしかありません。

ダフリが直らないという場合は実践する価値ありですよ。

repoto
スポンサードリンク