スポンサードリンク

どうも、ゴルフ侍トシです。

 

今回はダフってしまってゴルフが面白くないというドツボに陥ってしまわないように、ダフらないための秘訣を公開します。

 

ダウンスイングで左肩とアゴを引き離す動きというのをテーマに掲げて練習されてみるといいです。

 

こちらの動画でお伝えしていることを実践してみてください。

 

 

ダウンスイングの初期段階では左肩とアゴを切り離すように意識してダウンスイングをスタートさせると、左肩が先行する=下半身リードができる。ことになりますので、インパクトで自然とクラブの最下点がボールの先に来るようになります。

 

つまり、自然なダウンブローのインパクトを作ることができるというわけです。

ダウンスイングで多くの人が左肩の動きが止まっています。

そして、左肩とアゴがセットになってくっついてダウンスイングをスタートしてしまっているので、肩が正しく回転してくれないのでインパクトが詰まってしまい、左ひじが引けるフォローになってしまいます。

左ひじが引ける動きを矯正したいという場合も、この動画でお伝えしていることを実践してみましょう。

 

この動きを体に覚えこませるように反復することによって、インパクトで詰まって伸び上がったり、左ひじが引けるという動きを克服していけます。

そして、フォロースルーも大きく取っていけるようになります。

大きくフォローを出していけるようになるので、フォローで頭とクラブヘッドが引っ張り合ういわゆるビハインドザボールの形になります。

そして飛距離も大きく伸びます。

スイングというのは腰の回転を意識するのではなくて、肩の動きを意識した方が正しく体が動けるようになりやすいです。

 

ゴルフが下手な人は肩の正しい回転ができていません。

肩が正しく回転してくれないのでスイングに再現性がありません。

バックスイングで胸を後ろへ向け左肩がアゴについたらそこから切り返しは左肩とアゴを切り離すように動いていきます。

そうすることで、クラブはインサイドから下りてきますし、またドライバーではしっかり頭の残ったインパクトでアッパー軌道でとらえていくことができますので、飛距離が伸びるわけです。

切り返しから多くの人が左へ突っ込んでいってしまいます。

頭の位置が左へ突っ込んでいってしまっている人がほとんどです。

これではスエーしているだけで、軸もブレてしまいますのでスイングに再現性がなくインパクトで手をこねたりしてアジャストしないといけなくなります。

なのでこれからは左肩とアゴを引き離すという意識の元、あなたもダウンスイングをスタートさせてみてください。

 

最後にあなたが短期間で一気にゴルフを上達させて当たり前に80台、70台を出していきたいという場合、その詳しい方法はメルマガ限定でお伝えしています。

ゴルフ侍トシの無料メルマガ

メルマガではサイトには書けない濃い内容をお伝えしています。

repoto
スポンサードリンク