スポンサードリンク

h6

7日間シングルプログラムの詳細と口コミはこちら

h10

7日間シングルプログラムはロングセラーゴルフ教材です。

ご存知の方も多いと思います。

 

この7日間シングルプログラムはゴルフ初心者の方におすすめできる教材です。

まだ、ゴルフを始めて間もない方がレッスンや練習にお金をできるだけかけずに上達するために、自宅でできる練習方法なども教えてくれます。

 

教材はこのようにDVDです。

 

h8

h7

 

まだ、100切りできていないゴルファーにとっておすすめの教材です。

スイングの基本を作るためには、この教材で教えてくれる練習方法を実践するといいでしょう。

 

スイングのテンポを養うための連続ティー打ちドリルや、片手打ちドリルなどは、僕も個人的に取り入れています。

良い練習になります。

 

練習場に行くと片手打ちをしている人はほとんど見かけませんが、左右の腕の使い方を覚えるには良い練習になります。

 

ゴルフスイングの基本の動きが、この教材の動画レッスンを練習に取り入れることで身につきます。

 

7日間シングルプログラムがおすすめの人

■ゴルフを始めて間もない人

■ゴルフスイングの基礎を身につけたい人

■効率の良い練習をしてなるべく時間をかけずに上手くなりたい人

 

7日間シングルプログラムをおすすめできない人

■ゴルフスイングの基礎がしっかりできている人

■飛距離アップを求める人

■高いレベル(70台など)を目指してゴルフに取り組んでいる人

 

このゴルフ教材は100切りを目指すゴルファーや、まさにゴルフを始めて数ケ月などのゴルフ初心者の方にとって実践することでゴルフ上達の近道になる教材です。

 

教材の内容は、主にアイアンでのレッスンになります。

ドライバー専用のレッスンを求めるなどの場合は、スルーしてください。

シンプルにゴルフを考えてうまくなりたい

 

この教材の良いところは、シンプルなレッスンなので、難しく考えずにゴルフを上達させたいという方には向いています。

教材の中で紹介されている練習方法もそうですが、小原プロはゴルフ初心者がいかに難しく考えることなくゴルフを上達させていくか?というところに重点を置いて解説しているのが伝わってきます。

 

なので、シンプルにゴルフスイングの基本を体に覚え込ませていくという点では良いと思います。

 

結局、難しく考えてもシンプルに考えても、結果的にゴルフが上達すれば僕もそれで良いと思いますし、素直に実践して練習を繰り返していけば100切りぐらいは人によっては短期間で達成できると思います。

 

コースに出て、120とか130とか、もしくはそれ以上のスコアを叩いてしまっているとかで、早くまともに100前後で回れるようになりたいという方にとってはおすすめですね。

 

プロ直伝のスイングプレーンを作る

 

この教材では、ゴルフ初心者にとっては、聞いたことないという人も多いと思いますが、「ビジネスゾーン」と言って、腰から腰の高さのスイング軌道(プレーン)を正しいプレーンにする方法を教えてくれます。

 

ビジネスゾーンと言われる由縁は、プロゴルファーが練習をする際にスイングにおいて気を付けているポイントで、このゾーンでのスイング軌道によりボールの方向性などが決まると言われているため、

ゴルフで収入を得ていくプロにとっては、スイングをチェックするときに最も大事とされているので「ビジネス」という言葉が付いていると言われています。

 

それぐらいこのビジネスゾーン(腰から腰の高さの振り幅)は正しいゴルフスイングを作っていく上で重要なポイントになるわけです。

 

ゴルフ初心者にとっては、こういった腰から腰の高さの振り幅を正しくする方法などを教えてくれるので、素直に受け入れて練習することで、ゴルフを上達させる近道になります。

小さいスイングの基本から身につく

 

フルスイングばかりで練習していても、一向にゴルフが上達しないという人は多いです。

 

小さいスイングができていないのに、フルショットばかり練習しても上達の遠回りをしていることになりますしね。

 

まずは、小さいスイングから正しく振れるようになって、じょじょにスイングを大きくしていき、最終的にフルスイングで正しく振れるようになるという段階を経ていくのが7日間シングルプログラムになります。

 

たったの7日間で初心者ゴルファーがシングルプレイヤーになれることは限りなくゼロに近いですが、コツコツと基礎からしっかり学んで上達したいという想いが強い方は購入してください。

ゴルフはスイングの基本ができないことには上達しません。

 

何度練習場へ行って打ちまくっても、基本ができてないスイングだと上達しませんし、いろいろなミス(ダフリ、スライス、シャンクなど)に悩まされることになります。

 

練習場でうまく打てていると思っても、コースに出たらダフってばかりいたり、スライスしてばかりいたりする人はスイングの基本ができていないからです。

 

これでは、いつまでたっても同じことの繰り返しで、それこそ打ちっぱなしシングルと言われる人も多いです。

 

しっかり基本から身につけていくほうが、効率的ですし上達が早いことは僕の経験からも実感できていることなので、「まずは基本からやり直そう」という気持ちのある方もこの教材は購入したほうがいいでしょう。

僕にとって「新しい感動」はそれほどなかった

僕の場合は、この教材を購入したのは「シングルプログラム」がロングセラーで有名ということを知ってからでした。

ゴルフを始めてすでに1年ほど経過した時に購入しました。

もう80台で当たり前にラウンドできていた頃でした。

でも、ロングセラーなので「どんなものかな?」という好奇心で購入してみたのですが、記事の冒頭でお伝えしたように、練習に取り入れるものは僕の場合は「連続ティー打ち」や「片手打ちドリル」ぐらいで特に真新しい衝撃というものはなく「まあ、普通かな」という感じでした。

たしかに、初心者ゴルファーやゴルフをはじめたばかりの方には満足できる内容だと思いますので、ダブルAという評価をさせていただきました。

このブログはダフリ克服に特化して書いてる部分もありますし、ゴルフ初心者や中級者の方向けに書いていますので、「それなら」ということで、この評価になりました。

7日間シングルプログラムの詳細と口コミはこちら

ただ、一歩も二歩も先を目指したい(70台など)を考えるのであれば、僕はこちらでも書いてますが、「世界標準の骨を使った直線運動上達法!!」が良いですね。

この教材は僕の中の「バイブル」です。

repoto
スポンサードリンク